富岡市の暮らしと移住のWEBマガジン
まゆといと

2022.05.12

【2022.5.29(日)】「SDGs持続可能な暮らしを楽しむ”群馬での暮らし”」ワークショップ付きトークイベント(オンライン)

\群馬県主催のオンライントークイベントのお知らせです!

 

持続可能な暮らしの実践者である木の造形作家、齊藤 公太郎さんと富岡市移住定住コンシェルジュのスズキさんが出演します。

 

(齊藤さんは、以前まゆといとでも紹介させていただきました。)

木の造形作家 齊藤 公太郎(さいとう こうたろう)さん

 

富岡市神農原の自宅と甘楽町秋畑の工房との二拠点生活の暮らしや、空き家のリノベーションの様子など、貴重な体験談を聞くことができます。

 

トークのあとには、齊藤さんと一緒にランプシェードを作るワークショップを予定。

持続可能な暮らし木工自然豊かな地方での子育てや暮らしに興味のある方、ぜひお申込ください!

 


開催日時: 2022年5月29日(日)16:00~18:00頃 (受付開始15:45~)

参加場所: オンライン

参加費用: 無料

 

詳しい内容やお申込は、下記のイベント告知ページをご覧ください。

〇移住スカウトサービス「SMOUT」

〇群馬移住ポータル「ぐんまな日々」


 

【齊藤 公太郎(さいとう こうたろう)さん】

東京都出身。1999年 群馬県に移住。 群馬の山の中に工房を構える造形作家。

「木の生活」「自然を感じる暮らしのお手伝い」をテーマに、国産自然素材を使ったインテリア・木のアート・生活雑貨などを手作りにこだわって制作。主に倒木や朽木、廃材、古材などを使用し、自然な味わいを大切にしている。代表作に「気になる木」など。

現在は、富岡市神農原の空き家をセルフリフォームしながらの家族3人+愛犬2匹暮らし。 甘楽町秋畑の工房と自宅を毎日行き来する生活をしている。