富岡市の暮らしと移住のWEBマガジン
まゆといと

2019.11.13コラム

今月のハマダさん。〜十月の巻〜

富岡市の南の端っこに、ハマダさんという女性が住んでいます。

 

京都から夫婦で移住し早3年。

 

富岡で生まれ育った人にとっては当たり前かもしれないけれど

自分たちにはちょっとキラキラして見える日常を、

たまにSNSで呟いています。

 

まゆといとでは、その呟きを1か月分まとめて掲載していきます。

コタツに入ってお茶でも飲みながら、お付き合いいただければ幸いです。

 

 


 

濱田 綾乃(はまだ あやの)

2016年10月より富岡市地域おこし協力隊として三年間活動。2019年10月より富岡市の移住コンシェルジュに任命される。染織作家としての活動も行いながら、自宅のセルフリノベーションや地域の様々な仕事のお手伝いに奔走中。家には料理人の夫と猫の「大家さん」がいる。

 


 

 

.

.

.

 

 

〈10月4日(金)〉

 

 

移住する前

うちの夫は 味覚が敏感なので

安い卵が 食べられませんでした

都会では

安全な食品は 高価ですが

生産者さんの近くに住むと

きちんと作られたものが

普通の値段で買えます

 

#移住#田舎暮らし#古民家#セルフリノベーション#群馬#富岡#富岡市

 

 


 

 

 

〈10月7日(月)〉

 

数週間前から

わが家の玄関先から庭までぐるっと

誰かが草むしりしてくれてる

これは大家さん(人間)に違いない!

と思ったものの なんだか違和感

どうやら

猪か穴熊かなんかが ミミズを食べた跡らしい

とは言え

獣が来るのは きっと人間が寝静まった頃

と思っていたら

19時ごろ

大家さん(猫)が玄関で 神妙な面持ち

懐中電灯を手に 玄関を開けたら

すぐそこで物音!

2頭の猪が!

夫をこっそり呼び

二人で追い払ったら

更にもう2頭が出て来て

大騒ぎ

そんな今日この頃のハマダ家

数日前も 玄関のすぐ横の

スイセンが掘り起こされたので

朝ごみ捨てに出たついでに

ささっと手で埋め戻したら

ポロっと現れた物体が

こっこれは

まがうことなき

大家さん(猫)のフン

身内による犯行でした

っていうか

手で触っちゃったじゃん!

 

 

 


 

 

 

〈10月23日(水)〉

 

 

奥さん 朗報ですよー

佐登屋のホルモンと野菜を炒めて

トマトソースを加えると

それだけで美味しい

パスタソースになります

私は無塩のトマトソースを使ったのですが

有塩の場合はご注意を

 

 

 

 

 


 

 

 

〈10月24日(木)〉

 

*移住と災害のお話1*

 

台風19号を 迎えるに当たって

わが家では何も 買い物をしませんでした

ブルーシートや 土嚢袋は

ガレージに買い置きが

食品も

1ヶ月は暮らせるくらい ストックがあり

車のガソリンは

日頃から 半分になったら給油

唯一もう少しあれば良かったなぁ

と思っていた野菜も

前日にご近所さんから

お裾分けをいただきました

 

明日も台風が来ますが

有るもので何とかします

移住前は

食品や日用品をストックしておく

スペースがありませんでした

移住して

自分が納得いくまで 災害に備えることが

出来るようになりました

 

 

#移住#田舎暮らし#古民家#セルフリノベーション#群馬#富岡#富岡市#防災#減災#台風#フルーツを買っておけばよかったかなという写真#移住と災害のお話し

 

 

 


 

 

 

〈10月26日(土)〉

 

 

今年最後の

繭の荷受け

お蚕さまたち

また春に

 

#移住#田舎暮らし#古民家#セルフリノベーション#群馬#富岡#富岡市#国産繭#国産シルク#養蚕#繭層厚め

 

 

 


 

 

 

〈10月28日(月)〉

 

*移住と災害のお話し2*

 

台風19号が来た日

市内の複数の川が危険水位を超え

携帯には警報の知らせがひっきりなしに届き

朝からずっと緊張して

ヘトヘトになりました

 

そんな中

私の精神安定剤だったのは

近所の移住仲間との

LINEグループでの情報共有でした

 

うちは避難するよ

とか

あの道は川みたいになってるよ

とか

歩いて10分以内に

いざという時に 相談できる友達がいる

 

これは田舎だからとか

都会だからとかは関係ありませんが

私の場合は

移住をきっかけに得た

かけがえのないものです

 

日頃から 地域のみんなが

親戚同士のように暮らしていて

お裾分けをし合ったり

お散歩ついでに寄ってみたり

でも80歳になっても90歳になっても

畑仕事で忙しいので

普段はそんなに顔を合わせるわけでもなく

いざという時には 助け合える

 

人によって ちょうどいい距離感は

それぞれだと思いますが

私にとっては 心地よい距離感の場所に

出会えました

 

#移住#田舎暮らし#古民家#セルフリノベーション#群馬#富岡#富岡市#防災#減災#台風#移住と災害のお話し

 

 

 


 

 

.

.

.

 

「今月のハマダさん。」は月1回の連載です。

濱田さんに富岡暮らしのことを相談したい方は

sumusumu.tomioka@gmail.com

までご連絡ください。